【ペルフォルマンテ】

今月発売の初回特別仕様が納車されました~^^ ガヤルドの後継車種として登場した「ウラカン」。。。をベースに作りだされた怪物マシンがこの「ペルフォルマンテ」です。チューンナップされたモデルをトミ化するのは何だか珍しい感じ^^ 車体サイドに入れられた「PERFORMANTE」の文字。英語で言うところの「パフォーマンス」だそうです。緑・白・赤のイタリア国旗カラー…

続きを読む

HBPブルークラブランナー

昨日はハイパーレスキューのマシンをご紹介したので、今日は兄弟チームのハイパーブルーポリスから一台。 №63のかにクレーンをベースにした一台。実車ではクレーンが取り付けられる部分にアームを装着しています。で、このモデルには特筆すべき面白ポイントがありまして… 左が、普通のかにクレーン(色違い)。右がブルークラブランナー。 お分かりいただけるでしょうか? クレー…

続きを読む

HR機動無人放水車

架空車のクセして(笑)、何気にクオリティの高かった初期のハイパーレスキュー商品。今回も気になっていた一台をgetしました~ プラキッズ付きで単品発売されていたもののセット用カラーバリエーション。アクセントとしてブラックを入れるあたりセンス良いなぁ… さてさてこの子、この小さなボディに3つのギミックを備えており… ①放水銃回転 ②アーム可動アームに関し…

続きを読む

ダイナダンプ。

今日はおでかけ立体マップの工事現場から2台のダイナダンプをご紹介^^ まずはこの子から… 2006年にゴミ収集車としてデビューを飾ったダイナ。その荷台バリエーションとして初めて登場したのがこのダンプでした。トミカくじやトミカ博景品でもgetできますが、未だ通常品での発売はなく、ある意味レア車種となっています。 グリル周りはブラックに塗装されています。 …

続きを読む

WRC風ヴィッツ。

先ほどのGR86記事のおまけ。こんな素敵なヴィッツもいました^^ 1月にホンモノのWRCマシンを見てきましたが、GRガレージに展示してあったのはGRスポーツヴィッツをベースにしたラッピングカー。 スポンサーロゴ等、ほぼほぼホンモノに準拠したデザインとなっています。「ヲタクがノリで作っちゃった♪」って感じが良いですね(笑) イベントなどで出張しない限り…

続きを読む

GR86。

昨日は久々に岡山のパワースポット(?)にお邪魔してきました~今回のお目当ては~~?? GR86!!! 前期のGRMNほどゴテゴテした感じはなく、パッと見ノーマル仕様と大差ないように感じられます。中身はバケモンなんですが(笑) 現代版「羊の皮を被った狼」と言ったところでしょうか^^ 大きく張り出したスカートの更に下にアンダースポイラー。 赤くペイントされた、…

続きを読む

トミカのディスプレイに!「セリア 木製仕切りケース」

昨年、100均のA4書類ケースを導入し、トミカの収納に終止符を打った。。。かと思われましたが、依然として増え続けるトミカ。今年に入って既に100台弱のトミカが納車され、部屋はパンク寸前(自業自得)  書類ケース収納にも限界を感じ、そろそろ「飾る」収納を考えたいなぁ~ということで… そこで買ってきたのがコチラ。 なんか。。。勘のいい方なら…分かります…よね? おお!!…

続きを読む

STIパトカー。

今日はイベントモデルから、残念ながら実車化のなかったWRX STIパトカーをご紹介。 2代目WRXは丸目、鷹目モデルが白黒パンダや交通用&捜査用覆面パトとして大活躍しましたが、3代目になった途端に導入がなくなってしまいました。4ドアのリリースが遅かったからか? ハイパフォーマンスモデルに振り過ぎたからか…? 4ドアセダンのアネシスが捜査用パトに使われた例はありますが、やっ…

続きを読む

中国iとベトナムi。

以前にベトナム製の三菱iをご紹介しましたが、今回半ば偶然に中国製の個体が手に入ったため、ちょっと見比べてみます。左が中国製、右がベトナム製です。 大体は同じなんですが、一か所大きく違うのが、右サイドのエアインテーク部分。奥が中国製で手前がベトナム製。 中国製の形状がこんな感じ。ガソリン車のiって、リアミッドシップなので、エアインテークがここにあるんです。 対するベトナム製が…

続きを読む

3thエスティマ今昔比較

この三連休でご紹介してきたエスティマ。最後は、3代目Ⅰ期型とⅣ期型の比較考察をしていこうと思います^^ 同じクルマであることは分かりますが、10年で顔つきがココまで変わるとは…(困惑Ⅰ→Ⅱ→Ⅲは正常進化だったんですが、Ⅳでまさかの大変身でしたね。まぁ、奇抜さで言うとヴェルファイアやカムリとかよりは控えめじゃないかと思いますね。 サイドはスライドドアが別パーツのⅠ期型に比べ…

続きを読む